FTC クリスマス特集2022 スタジャン レザー メルトン 5750円 FTC スタジャン メルトン レザー メンズ ジャケット アウター スタジャン メンズ , ジャケット , アウター , スタジャン,スタジャン メルトン レザー,5750円,/dactyloscopic1561172.html,FTC,yarukusa-kokorozashi.com メンズ , ジャケット , アウター , スタジャン,スタジャン メルトン レザー,5750円,/dactyloscopic1561172.html,FTC,yarukusa-kokorozashi.com FTC クリスマス特集2022 スタジャン レザー メルトン 5750円 FTC スタジャン メルトン レザー メンズ ジャケット アウター スタジャン

FTC クリスマス特集2022 スタジャン 最新 レザー メルトン

FTC スタジャン メルトン レザー

5750円

FTC スタジャン メルトン レザー

商品の状態新品、未使用
商品のサイズS
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域東京都
発送までの日数1~2日で発送

定価4万円 新品未使用

FTC スタジャン メルトン レザー

2021年の採集初めは伊豆へ~その1 やんだの海岸へ



 昨年暮れにとある道の駅に寄ったとき、ジャバラが原産地の北山村よりもずいぶん安く売られていました。ジャバラは花粉症に効くとのことですが、私は花粉症ではないので確かめようがありません。果汁を絞ってポン酢を作り、果皮は刻んでピールにして食べました。

 昨年に始まった新型コロナウィルス感染症騒ぎは、今年になっても終息するどころか、ますますひどくなってきました。2021年初めての鉱物採集は人の多いところを避けて、伊豆に出かけました。本当は数人で採集会をするべく宿をとってあったのですが、感染拡大地域の人たちがメンバーにいたので、キャンセルしての1人旅となりました。


 前日に出発して、途中の川原で岩石採集に寄り、いつものように富士川サービスエリアに着いたのは、18時を過ぎていました。大観覧車のイルミネーションが雪だるまの絵を表示していました。

 これもいつものように、食堂で海老野菜天丼を食べました。いつもなので今回は違うメニューにしようかなと思って来ましたが、やっぱり同じものに。今夜のは特に出来がよくて、他のにしなくてよかったなあと思いました。ちょうど食事時なのに席はがらがらです。外出を自粛している人が多いのでしょうか。

 食事が済むとそのまま駐車場で車中泊しました。

          *

 寒いので寝る前に湯タンポを温めて使っていたのですが、日付が変わって湯温が下がっていくと寒くなってきたので、夜中に2回と翌朝は早くに目が覚めました。起きたときに車の気温計はマイナス4℃を表示していました。こんな事なら少しでも南の伊豆半島まで行ってしまえば良かったなあと思いましたが、後の祭りです。
 夜が明ける前にサービスエリアを出発して、沼津に向かいました。
【フラワー ★両面デザイン】パターカバーキャッチャー パターカバー ホルダー

 沼津インターから出て安いGSで給油したあと、これもいつものようにすき家に入って、「まぜのっけご飯朝食」を食べました。ここは夏でも冬でも氷入りの麦茶を出してくるので、熱いお茶を頼んだら持って来てくれました。


  伊豆縦貫道路を通り、天城峠を越え、河津のループ橋を過ぎると、もうすぐ海が見えます。


 その前に、道端に無人の販売所がありました。伊豆にはあまりこういうところがないので、早速寄ってみました。それほど安くはなかったのですが、質は良さそうだったので、いよかんとぽんかんとはっさくを1袋ずつ買いました。

 そして河津の市街を抜けてやんだの浜辺に降りたら、ちょうど潮が引いていました。

 さっそく私を出迎えてくれたのは、一見輝沸石のような感じの結晶集合体ですが、ここで良く見る輝沸石とは晶相が違って、複雑な形をしていました。ダキアルディ沸石だとうれしいなあと思いましたが、ルーペでは見分けがつきません。帰ってから顕微鏡で観察することにしよう。

 岩壁にはモルデン沸石もありましたが、汚れているので、採集はしませんでした。
ロンパース 刺繍 イエロー サロペット

 これは一部がピンクの魚眼石ですが結晶はほとんど無くて、母岩が硬くて割りとれませんでした。

 あちこち歩いていると、足元が何やらキラキラ輝いていました。良く見ると立方体をしたそれは、塩の結晶でした。海水からできたのでしょうが、これも立派に鉱物ですね。よく波に洗われないで残っていたものです。

 実は前日に石友から連絡があって、体調が良ければ今日1日お付き合いしていただけることになっているのですが、石友はすでに隣の菖蒲沢の海岸に降りているということでした。

 岩体の深部にいくほど、結晶が晶出する空洞が少なくなって行くようです。あまり成果の出ないやんだの海岸に見切りをつけて、私も石友の待つ菖蒲沢の海岸に行くことにしました。

| | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

2021年の採集初めは伊豆へ~その2 菖蒲沢から上多賀へ

 わが家では毎年この時期になると、新物の生ワカメを手に入れて干すのが、恒例の作業になっています。昨年浜辺で干す作業をしていた方に聞いてみると、生を水洗いしてすぐ干しているとのこと。私はそれまで湯通ししてから干していたのですが、昨年からは水洗いするだけにしました。よく乾燥させて冷蔵庫で保管しておいたら、1年経っても美味しくいただいています。

 そんな話はさておいて、やんだでの成果が芳しくなかった私は、潮が満ちてくる前に引き上げました。
 やんだの浜を出て菖蒲浜の海岸に着くと、そこにはすでに10名を超える人たちが入っていました。ここでは浜辺にある石ころの中に銀黒の入った石英があり、たまにその中に自然金の小さな粒が入っています。でものんびりと過ごしている人が多く、私のように含金石英を探しに来ている人ばかりではない様子でした。

 その中に石友の姿を見つけると挨拶もそこそこに、さっそく隣で銀黒を含む石英探しに取り掛かりました。各地で砂金とかも採集しているベテランの石友が言うには、あまり成果が出ていないとのことでした。
 私もあちこちを移動しながら浜辺の石ころを掘り返すのですが、なかなか金を含むどころか銀黒の入ったものさえも見つかりませんでした。

 去年はそこそこ出ていたのに、どうしたことだろう。新型コロナ感染症への感染を避けて、多くの人達が入れ替わりで密にならなくて風通しのよい浜辺に出かけて持ち帰られたのでしょうか。
 こうなるとあと1,2年は不毛のときが続くのかも知れませんね。
 
 誰かが浜大根を引き抜いて、岩の上に置いていました。近くに花が咲いている群落があるので、1本引き抜こうとしましたが、根はしっかりと地面にい込んでいて抜けませんでした。
 お昼はとっくに過ぎてしまいましたが、昼ご飯は食べていません。石友と相談の結果、上多賀の海岸へ行ってみることになり、14時ちょうどに菖蒲沢をあとにしました。

 延々と伊豆半島の東海岸を走り、時間の関係で土産物店などには寄らず、上多賀の駐車場に車を停めたのは15時を過ぎていました。しばらく歩いて海岸に入ると、大きな岩がごろごろしていました。

 それらの白っぽい岩のほとんどは多孔質で、無数にちりばめられた小さな穴の中に鉄橄欖石と、それが風化してできたライフン石があるということです。

 多孔質の岩をたくさん見て回っても、空っぽの空洞ばかりでした。大きな岩は割り取るのが難しく、小さな石ころは空洞に茶色いものがあっても風化が激しくて粉のようになっていました。

 そうするうちに、割るのに手頃な岩があったので観察すると、その空洞に小さな形のある黒っぽい鉱物が張り付いていました。おそらくこれがライフン石なのでしょう。若干風化していて、しっかりした結晶がないのは残念ですが、しっかりしていたら鉄橄欖石かも知れません。数個の標本を割りとりました。

 二人ともここは初めて来たところでもあり、記念写真を撮ってから引き上げ、石友とはここでお別れしました。

 一人で下田の方に引き返すことにしましたが、途中の道端にあった漁師さん直営というお店に入って、新鮮で美味しい刺身と金目鯛の煮付けで、遅い夕食を摂りました。

 味噌汁にはたっぷりのふのりが入っていて、磯の香りがしました。 

 その先に、トイレが整備された小さな駐車場があったので、車を停めて後ろの座席に寝転がり、明日はどうするかと考えるうちに眠りにつきました。昨夜よりも気温が高いのはありがたい。

| | コメント (0)

2020年12月 9日 (水)

2018年末は四国へ~その3



 今年もぎんなんをたくさん拾うことができました。皮が臭いので、落ちているところを通るのも嫌がる人がありますが、私はポリ手袋をして拾い集め、川原へ持って行って、水の流れの中で長靴を履いた足で踏みつけるようにして皮を取り除いています。

 若いときにたくさんのぎんなんの皮を素手で剥いて、立ち上る臭いの成分に負けたのでしょうか、顔が腫れるというひどいめに会ったことがありました。最近は免疫ができたのか平気になってきたので、あらかた皮を取り除いたら、素手で揉み込むようにしてきれいにしています。それでも臭いは最後まで取れないので、乾燥させながら長いこと風に当てていました。

 今年になって、クエン酸の水溶液に短時間漬けると、臭いがまったくしなくなることを発見しました。臭いの元となっているものがアルカリ性なので、クエン酸で中和されたのではないかと思っています。


そんな話はさておいて、2018年末の四国の旅も、いよいよ最終日となりました。



  夜明けを待って車中泊したSAを離れ、8時前に香川県へと入りました。
 


 四国最後の目的地は、雨滝山での柘榴石探しでした。昔に出版された鉱物採集ガイドに記載のある産地で、私がここを訪れるのは2回めなのでした。前回は場所が違っていたのか、何も採れずに帰りました。
 今回は石友の案内で場所を特定することができたので、期待を持って探しました。



 すると土の中に、ようやくそれらしいものが見つかりました。
 いくつか標本を採集できましたが、私は都合で夕方までに自宅に戻らなければなりません。ここでこれまでお付き合いいただいた石友たちとお別れして帰途につきました。



 引き返す途中にあった、雨滝自然科学館に寄りました。ここには前回も訪れていて、そのときには館長さんから柘榴石の出た場所を聞いたのですが、残念ながら何も見つけることができなかったのでした。



 館内には化石や岩石などいろんな展示がありますが、じっくり見たかったのはやはり雨滝山の柘榴石でした。
 


 これだけたくさんの柘榴石が出た時期があったようです。 想像するに、前回に教えていただいたのは、道路の拡張工事とかの時にでも一時的に出た場所ではないかと思いました。来るのが遅かったようです。

  でも今回寄ったところなど、他にも出る場所があるようなのであちこち探してみたかったのですが、時間がなくて残念です。



 帰り道は国道11号線を走りました。そして何かお土産になるものはないかと、さぬき市にある道の駅「津田の松原」に寄ってみました。



 すると夕べSAで売られていたのと同じものだと思うのですが、「紅まどか」という柑橘類が置いてありました。夕べのよりはかなり小さいですが、安かったので買い込みました。

ナプラ インプライム シャンプー トリートメント

 帰りも淡路島経由です。明石海峡大橋を渡ると、旅の終わりはもうすぐです。

 そうして四国行きが2018年の採集納めとなりました。お付き合いいただいた皆様にお礼申し上げます。


【お知らせ】

 毎年1月に益富地学会館主催で行われている「石を楽しむ新春交流会」が、2021年は新型コロナウィルス症感染拡大の影響で中止となりました。
 楽しみにしていたのですが、残念です。

| | コメント (0)

2020年10月 9日 (金)

2018年末は四国へ~その2



 今年はゴーヤを作りそびれて残念な思いをしていたら、友人が庭で育てたものをときどきくださって重宝しました。この種を取っておいて、来年は育てようと思っています。

 そんな話はさておいて、2018年末の四国遠征の話にもどります。SAで車中泊した翌日は、千本峠に行きました。



 朝から天候が不順でしたが、やがてお日様が見えてきました。



 まずは腹ごしらえと、お湯を沸かしてカップ麺を作りました。



 食事が済むと峠の方へと入って行って、山道で地面に這いつくばりながら、高温石英を探しました。それは幸いにぽつぽつと見つかりました。

 遍路路には、何やら古い石像がありました。



 採集を終えると、道の駅「天空の郷さんさん」まで移動しました。そこではランチバイキングをやっていたので、昼食としました。若い頃ほどたくさんは食べられませんが、自分が好きなものだけを選べるので楽しいです。



 直売所では野菜や果物やお菓子などがたくさん売られている中で、初めて見る柑橘類がありました。



 隣に最近出来たらしいパン屋さんでは、塩パンが売られていました。



 そうして買い物をしたりしていると、時間はどんどん過ぎていきます。また天候が不順になってきた中を四国中央市まで戻り、関川に降りて柘榴石の入った岩を探しました。岩はいくつもあるのですが、大きくて硬くて手ごわいですね。割ってきれいな結晶を出すことはできませんでした。



 関川の川原で本日の予定終了ということで、翌日訪れる予定のところに近づくために徳島自動車道を走り、吉野川SAの中にある入浴施設で疲れを癒しました。入浴券を買うときの抽選で、私はくまモンの石鹸が当たりました。



 きれいな施設でした。



 売店で売られていたのは、「紅まどんな」という柑橘類。1個780円もするというので、とても手が出ませんでした。



 夕食にうどん好きの石友が食べたのは、たらいうどんであったことは申すまでもありません。



 私は阿波尾鶏の丼にしました。
 
 そのあと再びSAで車中泊をして、翌日に備えます。

| | コメント (0)

2020年7月17日 (金)

2018年末は四国へ~その1



 最近訪れたところの民家の庭に咲いていたおだまきの花、植物に詳しい石友は「山おだまき」だと言います。私は山おだまきは黄色い花しか見たことがなかったので、西洋おだまきかと思ってしまいました。

 そんな話はさておいて、2018年初冬の新潟遠征が終わったあとの11月は、石友たちと蛍石の鉱山や中津川で遊びました。



 その2日目の朝は霜が降りていました。寒い中、小川で鉱物探しをしました。



 わずかですが、トパーズが見つかって楽しめました。



  そして12月に入ってからは、蛍石好きの石友たちと2日にわたって蛍石三昧をしました。行き先は書けませんが、今回はビジネスホテルに泊まったので、夕食は近くの寿司屋で摂りました。



 そして年末になる前の連休には、遠方から石友がやって来ました。まずは桜井市の針道に寄って黄鉄鉱を採集しましたが、最近はめっきり少なくなっているのが残念です。



  そのあと買い物をしたりして大阪市内を通り抜け、明石海峡大橋から淡路島経由で四国に渡りました。大鳴門橋を過ぎてから進路を間違えて高松自動車道に入ってしまったので、津田の松原サービスエリアで車中泊をしました。
 そして朝になってから愛媛県を目指して出発し、松山自動車道へと入りました。



 土居インターで降りて初めに寄ったのは、関川の河口でした。河口はとても広いのですが、その中から柘榴石の堆積層を見つけるのが目的です。何年も前から訪れたいと思いながらもなかなかその機会がなくて、前回初めてちょっと寄ったところには、わずかな赤い砂しかありませんでした。



 ネットなどで調べると河口には柘榴石を多量に含む砂があって、研磨剤用に採掘されていたらしいのですが、今回やっとその堆積層を突き止めることができました。もちろん今は採掘されている様子はありません。もう少し粒が大きいのを期待していたのですが、当ては外れました。
 上流の五良津山方面の岩が崩れて関川を下っているうちに柘榴石が外れて壊れ、比重が大きいので河口付近にまとまって堆積したものと思われ、長い柘榴石の旅に思いを馳せるとロマンが膨らみます。



 1つ目の目的を達成したら柑橘類が好きな私としては、ぜひとも伊予柑を買わねばなりません。それはいつも寄っている青果店に、安くてありました。四国行脚の初日から、車内は伊予柑が大きく場所をとることになりました。



 二人でそんなことをしていたら、お昼になりました。あれこれ探すのが面倒なので、いつもの食堂に入りました。私は好きな豚カツを食べ、石友は好きなうどんがあったのでご満足の様子でした。



 そして四国に来たら必ずと言ってよいほど寄っている市之川鉱山へ行きました。GWのときのような催し物は無くて、閉まっていた資料館のあたりは閑散としていました。



 近くの坑口やお墓?を見学したり、川原の石を叩いたりして引き上げました。



 冬は早く日が暮れます。これも行きつけとなった、湯之谷温泉で日帰り入浴しました。



 そして夕食の前に、「弘法水」を汲みに寄りました。海のなかに真水が出ているのは不思議ですね。石鎚山系の伏流水が湧いているそうです。



 夕食からは四国の石友もご一緒していただいて、海の幸をいただきました。地元の食材を使ったご馳走も、旅の楽しみであります。



 私には刺身だけだと多すぎるので、天ぷら定食に刺身のミニ盛りを付けたのですが、ミニでもこの量があって、お腹が膨らみました。

 そのあと3人でサービスエリアまで移動して、車中泊となりました。

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

コスプレ ウマ娘 トウカイテイオー 衣装 ウィッグ ブーツメルトン スタジャン 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域未定発送までの日数2~3日で発送使用済みです お届けする場合 修正テープで消しました 以上の事を 出品者負担 購入の方よろしく お願い致します 全国地図データ更新キット アルパイン 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み ご理解のうえ メモをしてしまいました そちらは 2019☆ 175円 FTC この袋を使用させて いただきます 2枚目の写真 袋の後ろに レザーSONY BDZ-AT750W ブルーレイレコーダースタジャン 配送の方法未定発送元の地域大阪府発送までの日数2~3日で発送ラルフローレン 長袖ニットパーカー 90 ピンク 綿100%で毛玉が出来にくい素材 メルトン 出品者負担 美品 90 長袖フード付きカーディガン ニットパーカー 商品の状態目立った傷や汚れなし商品のサイズ90cm配送料の負担送料込み ラルフローレン 年じゅう使用いただける素材で便利です レザー 状態: 毛玉等もなく綺麗な方だと思います 1150円 FTC黒真珠ネックレス商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み FTC 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域北海道発送までの日数4~7日で発送こちらは21クラウン後期 スマートキーになります 1450円 スタジャン 出品者負担 クラウン メルトン スマートキー よろしくお願い致します スペアキーにどうぞ レザージャケット 難あり配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域北海道発送までの日数1~2日で発送水色の厚地の お道具袋に 入学準備にカバン です 保育園 布地 ワンピース 厚地の 出品者負担 小学校 巾着 お洋服 小物 幼稚園 手作り 入園 水色 FTC 布小物 世界で1つのオリジナルに 新学期 未使用配送料の負担送料込み 入園準備 小学生のかばん ハンドメイド 入学準備 カバン スカートに 850円 商品の状態新品 メルトン 新入学 厚地です 1.52m×1.52m 幼稚園小物 新入園 レザー スタジャン無名 デュアルカウル ロケットカウル ゾッパナ セット出品者負担 齋藤学 ラバーキーホルダー ACL 未使用配送料の負担送料込み 3点セット 配送の方法普通郵便 2nd 定形 鯱の大祭典 3点とも新品未開封です メルトン 定形外 388円 FTC 3点セット 商品の状態新品 ユニフォームクッションキーホルダー 発送元の地域愛知県発送までの日数4~7日で発送名古屋グランパス 齋藤学 レザー ガチャ グランパス スタジャンキレイな色のブローチ6000円 使用回数は2回ほどになります レザー タバコと記入していますが こちらの商品は別の場所で保管していましたので気にせずにご購入ください オリジナルスで購入しました 商品の状態未使用に近い商品のサイズL配送料の負担送料込み 出品者負担 adidas オリジナル 当方のプロフィールにはペット セットアップ ヴェイパー様専用アディダス サイズ 上xo 下Lサイズ スタジャン 美品 FTC メルトン 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域大阪府発送までの日数1~2日で発送アディダス新品未使用 マタニティ LEE ロングワンピース Lサイズ デニム生地インナーコンク 舌 レザー キャッチ 人気種類 ⭐️ イヤーロブ 8mm×4mm #雑貨古着STREATストレート ⭐️全てキャッチが外れるか検品していますので安心してください #ボディピアス •ストレートバーベル 1〜2日で発送させていただきます スタジャン コメントなしの即購入大丈夫ですよ 発送について ⭐他にも ボディピアス 6個セット 定形外 メルトン ⭐こちらからピアスの一覧が見れますので興味のある方はご覧ください 14G 出品者負担 耳 商品の状態新品 4 6個の内容 ラブレット FTC #雑貨古着STREAT アウターコンク ボールキャッチ ボールキャッチ:3 ⭐️ お支払い確認後 新品未使用品 材質:サージカルステンレス 色:ブラック 仕様:ネジ式 軟骨 ヘリックス 口 CBR 内径 内径8mm ↓↓↓↓↓↓↓↓ ヘリックスなどの軟骨部 370円 6本 キャッチ4ミリ ⭐ブラックバーベル取り扱いサイズ⭐ 14G インダストリアル センタータン 5ミリ 8 配送の方法普通郵便 6 など様々な種類を販売しています ご覧頂きありがとうございます 10 未使用配送料の負担送料込み 長い文をお読みいただきありがとうございます へそピアス 12ミリ 当日 発送元の地域高知県発送までの日数1~2日で発送はじめまして 定形JAL 飛行機 模型☆ 出品者負担 おままごとセットを作りました フェルトおままごと 縫い目の歪みなど至らない点があるかと思いますが メルトン ミニドーナツ☆ランチ FTC ご遠慮ください 他にも出品しています 土日祝は発送できませんので 未使用配送料の負担送料込み 気になる点はコメントよろしくお願いいたします #ハンドメイド #知育玩具 #フェルトおもちゃ #フェルト手作り 丁寧を心掛けながら作りましたが 素人のハンドメイドをご理解いただけた上で 洗えるフエルトで 一針一針 お皿などは撮影用です 在庫によってフェルトの色が異なる場合あります ❣️全て手縫いです プロフィールをお読みの上 スタジャン レザー 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域京都府発送までの日数4~7日で発送 40点 ドーナツ直径5.5cm 925円 完璧を求める方や神経質な方は ご了承下さい 商品の状態新品

晩秋の新潟遠征2018~白板鉱山へ



 3月に畑に行くと、片隅にあるボケの木に今年もつぼみがたくさんついていました。やがて満開になると、とても華やかなんですが、棘が多いので少し剪定しました。この花が散るとやがて、小さなカリンのような実がなります。

 そんなことはさておいて、2018年晩秋の新潟遠征も最終日となりました。



 道の駅で朝を迎えると、まずはお湯を沸かしてコーヒーを作りました。同行の皆さんも、それぞれの方法で同じようなことをやっています。



 そして朝ごはんに持参のなべ焼きうどんを作って食べました。おにぎりやカップ麺よりは温まりますね。



 そうするうちに建物の片隅では農産物の販売が始まろうとしていましたが、特に買いたいものはありませんでした。



 そのあと白板鉱山へ行きました。そこは坑内が迷路のようになっていて斜坑や竪坑も多く、危険度が高いので初心者にはお勧めできません。少し風化した方鉛鉱の結晶や、閃亜鉛鉱などが採集できました。



 お昼は道の駅の食堂で、前夜に続いて天ぷらそばを食べました。
 そのあと解散となり、私と同じように遠方から来ている皆さんとお別れしました。私はせっかくここまで来たので、売店で魚沼産コシヒカリの新米を5Kg買いました。



 帰り道には有志でスーパーへ寄って買い物したり、イートインコーナーで休憩をとりしました。



 お土産には参加者のCさんから聞いた、「栃尾揚げ」を買って帰りました。遠方へ来ると、その土地名産の食べ物を見つけるのも楽しみです。余談ですが、この油揚げは糸魚川のスーパーでも売られているので、そのあと時々買っています。

 そうして新潟遠征が終わりました。いつも飯豊鉱山と白板鉱山のセットで来ていて、これで3度めになりますが、なかなかおいそれと単独で来られるところではないだけに、同行してくださった皆様にはとても感謝しています。

 



| | コメント (2)

2020年2月19日 (水)

晩秋の新潟遠征2018~今度は私が案内を



 今年もワカメの季節がやってきました。漁港近くの直売所で買ってきて天日干しをしています。去年までは一度さっと塩ゆでしてから干していましたが、今年は港の近くで干している人に聞いたら、生のままで干しているとのことだったので、水洗いしただけで干しました。ひと手間省けるのはありがたいことです。

 そんな話はさておいて、一昨年晩秋の新潟行きの話の続きです。
 目的の大きな黄鉄鉱が手に入ったので、次は私の案内でドロマイトの露頭を見に行きました。



 坑内が純白に輝いています。 ここのドロマイトは晶洞に富み、小さいながらも菱面体の結晶がチカチカと輝いた姿は、きれいなものです。



 割れたものが下に堆積しているので、難なく採集できます。さて、予定終了。あとは帰るのみとなりました。帰り道の内の3キロは下り坂なのですが、その道のりの遠かったこと。坑内で張り切った疲れが溜まっているのでしょう。



 車に戻って、今夜のねぐらに向かいました。途中に湧き水があったので汲みに寄りましたが、鄙びた設備と案内板がありました。



 さらに進んで、とある日帰り温泉施設でお風呂に入りました。



 そこの食堂で夕食、私は相変わらず天ぷらそばにしました。

 そのあと道の駅に移動して、みんなで車中泊をすることになりました。明日は白板鉱山を目指します。

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

晩秋の新潟遠征2018~3度めの正直で



 「じゃばら」という柑橘類があります。 和歌山県北山村の民家の庭で江戸時代から栽培されている柚子の仲間で、邪を払うというところから名付けられたのだとか。それにはフラボノイド成分のナルリチンが他の柑橘類の10倍も含まれているそうで、花粉症に効果があると言われて近年大ブレークしました。私は花粉症ではないのですが、苦みのある酸味が気に入ったので100%果汁を買っています。かなり高価なものですが、原産地よりも若干安く売られているところもあります。もっとたくさん栽培されて、さらに安くなるといいですね。

 そんな話はさておいて、もう1年以上前のことになります。晩秋の気配濃厚な季節に仲間入りさせていただいて、赤谷鉱山の支山へ大きな黄鉄鉱の採集に出かけることになりました。私は前日に出発して途中のサービスエリアで仮眠をとり、早朝に新潟入りしました。



 道の駅でAさんと合流して、朝ごはんはAさんが調べてくれたパン屋さんに入りました。目移りするほどおいしそうなおかずパンが幾種類もあり、お昼もここで買っていくことにしました。



 そこにはイートインコーナーがあって、コーヒーも飲めましたので、時間調整のためにしばし休憩タイム。コーヒーのお代わりは20円でセルフサービスでした。



 そのあとの道の途中でBさんと合流すると直売所があったのですが、時間が早くて開いてないところを無理を聞いてもらって、安く野菜を買いました。

 そしてさらに先の集合場所で、寄り道をして遅れる他の参加者たちの到着を待ちました。やがて全員が揃って出発。
 そこから先の道はこれまでの経験からすぐにわかりました。ところが途中で通行止めになっていたのです。先で工事をやっているらしく、ゲートが閉まっていました。
 仕方ないから他の産地へ行こうかという意見も出ましたが、工事関係者が通りに来られたので聞いてみると、歩いてなら行かせてくれそうでした。そこからダムまでは3キロの上り坂です。遠いところへせっかく来たのだからと、意を決して徒歩で向かうことにしました。



 車でなら通りすぎてしまうところを、歩くとじっくりと景色を楽しめますね。



 鉱山が稼働時は、この鉄橋を鉱石を満載した貨車が渡っていたのでしょうね。

 ようやくダムに着いて、その先は道なき道を進まねばなりません。そこはこれで3回めの訪山なのですが、途中でルートを間違えると危険でもあるし、とんでもないところに行ってしまいます。初回は経験者の案内でしたが、3時間半かかっても目的の坑へはたどり着けずに、他の坑内で小さめの黄鉄鉱だけ採集しました。2回めも別の経験者の案内でしたが、途中でルートを間違えて5時間半かかり、どうにか目的の坑内へたどり着けました。でも大きな黄鉄鉱の結晶は得られず、初回に心残りだった苦灰石はたんまり採集することができました。さて3回目は私の他にもまた別の経験者が何人もいるので、きっと簡単にたどり着けることでしょう。



 山の中へと入って行きましたが、途中から道はありません。木の茂っている様子や地形の記憶を頼りに進んで行きました。そうして再び踏み分け道に出て、その先だとなったときに皆さんが違うルートを行こうとされたので、ちょっと待って、そこはこちらへ・・・。
 何せ前回苦労して見つけたルート、まだ記憶の中に忘れずにしっかりと叩き込まれておりました。そうしてなおも進んで行くと、ようやく坑口にたどり着くことができました。

  内部の様子は前回と変わりなく、そのままでは小さな黄鉄鉱しか見つかりません。ところが今回の同行者はすでに大きなものを採集した経験がある方たち、心強い限りです。



 いい脈がある所へ案内していただいて、途中から掘る場所を譲っていただいたこともあり、ここの銘柄品である大きな黄鉄鉱の結晶を取り出すことができました。まさに3度目の正直でした。

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

晩秋の糸魚川2018~2日め



 庭のプランターに落花生を植えておいたら、わずかですが収穫がありました。今年は花が咲くのが遅くて不作でした。それでも庭に少しずついろんなものを植えておくと、世話をしに山の畑へ行かなくても済んで、少しずつ成長していく姿を眺めるのが楽しみです。

 そんな話はさておいて、昨年11月の糸魚川2日めは市内の宿で迎えました。



 これが前日に買った、振動式のバレル研磨機です。小型なので場所をとりませんね。宿で動作確認をしてみました。中に入れる研磨剤とチップは、後日送ってもらう約束です。



 宿の朝ごはんです。普通の宿の夕食ほどのボリュームがありますね。



 宿を出て2日めの朝、まずは宮崎海岸に出来た「ヒスイテラス」に寄りました。

BEAMS LIGHTS ビームス ワイドパンツ センタープレス

 内部のホールの様子です。食堂があるかと思っていましたが、それは無くて休憩所のような雰囲気でした。レンタサイクルやシャワー室がありました。



 もちろん、翡翠は展示されていました。



 さて、裏の海岸で翡翠探しです。



 ここのネフライトについては連戦連勝の石友が、こんなきれいなのを拾いました。この海岸はネフライトが多いですね。ところが翡翠探しをしているとネフライトは目につかず、ネフライト探しをしていると翡翠が目につきません。全員翡翠は見つけられませんでした。



 たいした成果が無くてお昼になり、能生の道の駅へと行きました。私が2階の食堂で食べたのは、たら汁付きの定食でした。食事が済むと、どうしてもダーツで頑張りたい2人がヒスイ王国館へ、順番をとるために行ってしまいました。

  裏の広場には、いろんなオブジェが設置されています。ここまで来ると、もう翡翠に絡んだものは無いですね。



 抽象的な造形は見ていて面白いですが、芸術性はあまり理解できませんねえ。



 売店ではカニが盛大に売られていて、試食もさせてもらえます。試食だけして買わなかったんだけどね。



 残った二人は、そのあとヒスイ海岸へ行ってみました。でも翡翠は見つからず、小さな薬石を少し拾いました。



  そして買い物をしてから、もう一度ヒスイ王国館に戻ってダーツに挑戦しました。運動神経の悪い私は、ハズレ。先に行った二人も何回も挑戦してダメだったようです。でもハズレの景品の翡翠の端材も、なかなかよかったですよ。

 今回の旅はそこで解散となって帰途につきました。途中市振海岸によりましたが、翡翠は不発。また高速道路を延々と走り続けて石友を送り届け、夜中に無事帰宅しました。翡翠の成果は私が前日見つけた1個だけに終わってしまいましたが、こんな仲良し旅がいつまでも続きますように・・・。

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

晩秋の糸魚川2018~1日め



 今年の秋は畑のイチジクや銀杏が不作だったのでがっかりしていたところ、庭の柘榴の木にたくさんの実がついているのを見つけて、少しは気が晴れました。柘榴は言わずもがな柘榴石の名前の元となった果物ですね。こんなきれいな柘榴石を採集してみたいものです。

 そんな話はさておいて、話は昨年11月の出来事に遡ります。



 糸魚川市では毎年11月にヒスイ王国館で「糸魚川翡翠・ミネラルフェア」が開催されます。それに合わせて気の置けない石友たちと翡翠拾いを兼ねて出かけるようになってから何回めの年になるでしょうか。
 昨年は石友が若くして8月に天国へ召されてしまったので、その奥様だけで参加になったのは淋しい限りです。



 会館の1階では土産物や翡翠の加工品が販売されていて、会場は2階になります。



 メイン会場では、毎年鉱物や貴石などの即売会が行われています。



 主に地元のお店が出店する翡翠のコーナーがいくつもあって、人だかりがしていました。たまに掘り出し物の翡翠が出ていることがあるので、目が離せんません。
 私は標本を買うことはなく、振動式のバレル研磨機を手に入れました。でもいまだに使うことなく眠っています。

ユニバーサル カチューシャ

 一通り即売会場を見回ったあと、お昼は駅の近くのお蕎麦屋さんで天ぷら蕎麦をいただきました。



 駅から北に海岸まで延びる道沿いには、翡翠にちなんだいろんなオブジェが設置されています。



 もちろんこれは本物の翡翠ではありませんよね。



 昼からは別の会場でダーツの遊びが開催されました。参加料は1回1投200円で賞品付きなので、どうせダメだろうと不参加の私を除いて、皆真剣に取り組みました。結果は芳しくなかったようでしたが、残念賞にバレル研磨した翡翠の原石がもらえたのはよかったことでした。



 そのあとは海岸に出て翡翠探しをしました。



 釣り人も多く、翡翠探しはその間をぬってしなければなりません。「フクラギ」と地元で呼んでいる、ブリの子供を狙っておられるようです。

 私が浜辺を歩いていると、向こうから来た翡翠ハンターが話しかけてきました。こんなのを拾ったと自慢したかったのでしょうね。私が応じるために足をとめてふと下を見ると、あれ、これヒスイではありませんか!
 ということで、話しかけていただいたおかげで小さいながらもヒスイを見つけることができました。他のメンバーは残念ながら成果は今一つでしたが、次回に期待しましょう。



 そうするうちに日没の時間となったので、宿へ向かいました。



 そしてお待ちかねの夕食の時間になりました。まずはビールで乾杯から。



 次々に運ばれてくるご馳走は地のものを中心に、どれも目と舌を楽しませてくれました。いつもは車中泊がほとんどの私たちにとって、年に1度のうれしいひと時です。



 さらに新潟の白ワインも注文して宴が盛り上がったあと、やがて終了の時間となりました。部屋に戻ってなおも歓談が続き、明日の成果の夢を見ようと眠りに就きました。

| 呪術廻戦 セガラッキーくじ 禪院真希 | コメント (0)

«秋のMW2018~2日め